TAKEHISA KEN WEB

WORKS

KIRIHITO

竹久圏(g, vo, key, etc)、 早川俊介(ds, vo, etc)による奇跡のロック・デュオ。 ギターをかき鳴らしながら足でキーボードを弾き、歌う竹久と、スタンディング・スタイルでドラムを叩く早川の二人が奏でる、 ポップでダンサブルでありながらもキテレツかつ凶暴なその音楽はまさにワン&オンリー。 結成以来、その存在感は色褪せることなく、あらゆるジャンルのファン層やミュージシャンからの支持を受け続けている。 2009年にPヴァインよりリリースした通算第4作、『Question』はミュージック・マガジン誌で年間ベスト・アルバムにランクインする等、大きな話題を呼んだ。 また、KIRIHITO、大友良英ら出演の東京の先鋭ミュージシャンを追ったフランス制作のドキュメンタリー・フィルム、『We Don’t Care About Music Anyway...』(2009年)と連動したヨーロッパ・ツアーを敢行し、大成功を収めている。 竹久圏はインスト・バンド、GROUPや、younGSounds、田我流とカイザーソゼ、そしてソロとしても活動し、UAのライヴ・バンド参加や、一十三十一やFLYING RHYTHMSの作品に参加している。ディア・フーフのサトミとの新プロジェクトも水面下深いところで始動中。 早川俊介もソロの他、テクノポップバンド"高品格"で活動している。
kirihito.com / KIRIHITO MARKET

GROUP

トランペット、ソプラノ・サックス、ギター、ベース、ドラムスが奏でる、繊細かつダイナミックなサウンドが魅力のバンド。 そのエモーショナルな音楽性は、多くの音楽ファンを魅了している。 2001年に1stアルバム『RECORD』をWEATHER/P-VINEよりリリースし、デビュー。 その後、コンピレーションへの参加や映画音楽への楽曲提供などを経て、2004年に2ndアルバム『Before Turning Off the Light』(P-VINE)をリリース。 現在のメンバーはタケヒサケン(g)、イシカワ(b)、ハンチョー(tp)、ケンG(soprano sax)、藤巻鉄郎(ds)の5人。GROUPという名のGROUP。
http://group-web.tumblr.com/
twitter @GROUPnamedGroup

youngSounds

ヤングサウンズとかヤンサンと呼ばれてる 谷口順・モリカワアツシ氏と竹久圏氏、やけのはら氏、イルリメ氏、茶谷雅之氏で音を奏でたりしているうちに、Dr.茶谷雅之氏から柿沼実氏に、 イルリメ氏よりmiesha嬢へ、そして谷口順氏隠遁生活によりB.中尾憲太郎氏へ。 younGなSoundsに集う人たちのバンド。
http://1fct.net/artists/youngsounds

田我流とカイザーソゼ

2012年に6人組のバンドstimと田我流が"√20"を共作したのをきっかけに、ライブやセッションを重ね田我流の曲のバンド・アレンジを制作。 2014年にはstillichimiyaのYoung-GをDJに、KIRIHITOの竹久圏をGuitarに加えて「田我流Band」を結成。 2015年からは"Saudade"の今井瑠美子をコーラスに迎え、10人組のバンドとなり「田我流とカイザーソゼ」と命名。
http://www.maryjoy.net/releases/mjcd066.html

その他のリリース


◆竹久圏&やけのはら
「夜這」第一弾!! younGSoundsでも活動を共にする2人による衝撃のニューウェーヴ・アシッド・ブレイクビーツ!!
新宿ゴールデン街の火災で被害にあったBarダーリン&スナックハニー復興支援チャリティプロジェクトとして企画され、石橋英子、ジム・オルーク、前野健太、坂本慎太郎らが参加して話題となったコンピレーションCD『いわゆるゆうや』。
同作に竹久圏&やけのはら名義で収録されていた、異色のダンス・チューンがアナログ・カット!
B面のリミックスはイリシットツボイ&あべともなり、アートワークは坂本慎太郎が手掛けたインパクト抜群の1枚です!!